トレジャーリサーチにバックエンド疑惑?徹底調査しました!

トレジャーリサーチにバックエンド疑惑あり?

既にトレジャーリサーチに興味を持っている人であれば知っているかもしれません。

実は今トレジャーリサーチにバックエンド疑惑が持ち上がっているんです。

バックエンドと聞いて良い印象を抱く人は少ないはずです。

半ば強制的な高額塾への勧誘、大して稼ぐことのできない時代遅れの情報、気がついたら膨らむ購入額…バックエンド商材の中にはこのような悪質なものもあり警戒が必要です。

トレジャーリサーチはこれまで自信を持っておすすめすることのできる副業でしたが、もし本当に悪質なバックエンド商材なのだとしたらそうもいきません。

ここではトレジャーリサーチのバックエンド疑惑について検証していくことにします。

バックエンド商材とは?

バックエンド商材とはバックエンド商法によって販売されている商品のことです。

まず最初にバックエンド商法について簡単に説明させていただきます。

バックエンド商法とは、顧客の関心を集めるために用意されたキャッチーな商品(フロントエンド)から最終的に販売したい商品(バックエンド)への流れを整えることで、バックエンドの販売を目指すマーケティング手法全般を指した言葉です。

ただのマーケティング手法ですのでそこに違法性はなく、もちろんバックエンド商材についても違法性は全くありません。

肝心なことはバックエンド商材だから悪いというわけではなく、バックエンド商法を悪用している、悪質なバックエンド商材こそが悪いという事実です。

トレジャーリサーチのバックエンド疑惑について

疑惑について見ていきましょう。現在トレジャーリサーチにはバックエンド疑惑が持ち上がっていますが、これは半分事実と言って良いでしょう。

トレジャーリサーチの販売戦略にはバックエンド商法が採用されているためトレジャーリサーチがバックエンド商材であるためです。

ですが先程も述べた通りバックエンド商材だから悪いということはありません。肝心なことは悪質なものであるかどうかだからです。

トレジャーリサーチにおけるフロントエンドはトレジャーリサーチのパンフレットであり、これはLINEの友達登録を済ますことによって誰でも気軽に受け取ることができるようになっています。

2万円するトレジャーリサーチの本体はバックエンドであり、トレジャーリサーチにはバックエンドである本体を売るためにパンフレットというフロントエンドが用意されているわけです。

これは化粧品会社がサンプルを無償で提供することに近く、悪質なものであるとはよべません。

トレジャーリサーチはこれからも自信を持っておすすめできる副業だといえるでしょう。