訴訟は危険だらけ!トレジャーリサーチなら安全に返金可能!

返金訴訟について知ろう

情報商材の返金トラブルと言えば過去に何度も起こっており、今や訴訟とセットと言っても過言ではないほどです。

当サイトで取り上げているトレジャーリサーチも例外とは言えません。

世の中は全く稼ぐことのできない詐欺まがいの悪質な商材が多く、そういった商材に関しては集団訴訟が行われることも多くあるようです。

購入した商材でトラブルが発生してしまった際に返金訴訟を起こして裁判をするという手段を取ることは一見正しいことのように見えますが、実はあまり効果的な手段でないことをご存知でしょうか?

今回は、トレジャーリサーチから少し離れて、訴訟のリスクやデメリットをご紹介したいと思います。

訴訟についてまわるリスクとは?

訴訟経験が実際にある人は少ないかと思われますが、訴訟を起こすには多くの手続きが必要です。必要な手続きをこなすには弁護士の力を借りることは必要不可欠で、それは多くの費用を伴うことを意味します。

費用は返金成功による成功報酬型ですと返金額の25%ほど支払うことになります。パーセントとしては小さいように感じますが、返金請求額が小さい場合、弁護士はその依頼自体を受けてくれません。

訴訟を起こすことによって支払った分のマイナスが全額返金されて0になり、場合によってはプラスになると考えている人がいるかもしれません。

ですが実際にはそうではなく、訴訟は大抵の場合において全額返金されることは、まずありませんし、マイナスを0にすることもできません。

また訴訟は結果を得るのにとても長い時間を必要とします。1ヶ月や2ヶ月はざらにある話で長い場合だと半年、1年以上の期間を要することだってあるのが訴訟という手段になります。

訴訟というアクションは実はコストパフォーマンスがとても悪い手段なのです。

訴訟ではなく対応窓口に相談を!

トレジャーリサーチには返金保証制度があり、そのためのサポート窓口があります。

トレジャーリサーチを例に出しましたが他商材においても、もしこのような対応窓口がある場合には、個人として交渉を持ちかけるというのが実は最も賢い手段なのです。

まともに取り合ってもらえないことを懸念する人は多いのですが、少なくともいきなり訴訟という手段に手を伸ばすよりもよっぽど良い結果が得られるはずです。

というのも商材を販売する側としても訴訟を起こされることはできるだけ避けたく、企業と一個人で交渉を済ませられるのであればそれが最も良いのです。

中にはまったく対応する気を見せない悪質な業者がいることも事実ですが、それでも尚、訴訟という手段はできるだけ避けることをおすすめします。

まずは弁護士に相談し、間に入ってもらいましょう。それで相手の態度が軟化するのか、硬化するのか、それを見てからでも訴訟という手段に頼るのは遅くはありません。