別記事にもある通り、マネーズライクの教科書(MRサーチシステム)を上手に活用することで空いた時間で残業代以上の副収入を手にできるチャンスがあることはお伝えしました。

しかし、その利便さゆえか、マネーズライクの教科書(MRサーチシステム)が詐欺なのでは?と疑う見方もあるのではないかと感じます。

過去にもネット副業は全部含めて詐欺扱いされてきた時期がありました。よく知らない人にとって投資などが詐欺に見えるのと同じように、新しいビジネスは何でもかんでも疑ってかかる考え方が日本には根強く残っています。

確かに新しいものに手を出さなければ何も起こらないのですが、現状に変化を求めたいのであれば、事前にリスクなども理解した上で、その上で行動を起こすか判断すべきだと思います。もちろんマネーズライクの教科書(MRサーチシステム)がノーリスクというわけではないですが、リスクのない仕事というものはそもそも存在しません。

マネーズライクの教科書(MRサーチシステム)でリスクにあたるものは、おそらく登録費用になるかと思います。現在ではLINE登録することで割引になるサービスがあるようで、そのリスクもだいぶ軽減されているように感じます。

なるべくリスクを抑えたい、出費は控えたいという方は、今まさにチャンスが訪れています。

マネーズライクの教科書(MRサーチシステム)は費用に関する表記が明確になっている!

ネット副業を始める上で注意したいのは、その副業がしっかり稼げるかどうかに限ります。ネット副業は申込時に登録費がかかるものがほとんどで、単純にそれを搾取されるのか、それともしっかり元が取れるのか、これが重要になります。元が取れなかったら、詐欺の可能性(※)があります。

そしてもう1点、仕事の途中で別の高額資料を強制的に購入するよう迫るケースもあるといいます。仮に元が取れていても、それを購入した結果損失が残ってしまったら、それも詐欺と疑われる可能性があります。

マネーズライクの教科書(MRサーチシステム)については、現状どちらの声もあがっていません。そして公式ページにも費用に関する規定は特定商取引に関する表記の部分に明記されています。これらを見る限り、全く稼げないまま泣き寝入りするはめになったり、想定外の出費を求められることはなさそうです。

※「可能性がある」のは、働く人に落ち度がない場合です。働く側が仕事できていないなどの落ち度があると、詐欺と認められない場合もあるかもしれません。